1. HOME
  2. ブログ
  3. い草について
  4. い草の歴史

BLOG

ブログ

い草について

い草の歴史

い草の歴史
「い草」には古代からつながる長い歴史があります。
古代
古代の「い草」については、資料数は多くありませんが、タタミ表状の蓆(むしろ)が縄文弥生時代の遺跡から発見されています。この事から、この時代には藁(わら)や「い草」を使ったむしろが作られていたと推定されています。また、古代初期には莚(むしろ)や薦(こも)を座具に使っており、何枚かを縫い合わせて布で縁取りしたものを「畳(たたみ)」や「帖(じょう)」と呼んでいました。西暦600年頃の中国の正史「隋書 東夷伝」には「草を編みて薦(こも)となす、雑皮にて表を成り、縁るに文皮を以ってす」とあります。また「倭名人」には『太々美』(たたみ)の文字が見えます。
平安
平安時代になると建物の中で円座や置き畳が多く使われました。置き畳は人の席に当たる部分に敷き置かれました。この時代はフローリングの一部でのみ畳が使用されていました。
室町
室町時代になると次第に小部屋が増え、畳を敷き詰める部屋が多くなりました。それに伴い、多種多様な畳が無くなり、敷居も床板より一段高くなりました。
「い草」の渡米
「い草」の原産地はインドですが、日本には約450年前の室町末期に渡来してきたといわれています。ちなみに福岡県筑後地方では文禄年間(1590年代)にはすでに生産が始められていたという記録が残っています。

ともすれば「古風な素材」と思われがちな「い草」ですが、現在でも1年間に6000万枚の畳表や花ゴザが市場に動いています。しかも最近は和風空間が見直されつつあり、需要は上昇傾向にあります。

関連記事