1. HOME
  2. ブログ
  3. すべて
  4. たった10分で完了!網戸を家にあるもので簡単に掃除する方法

COLUMN

コラム

すべて

たった10分で完了!網戸を家にあるもので簡単に掃除する方法

たった10分で完了!網戸を家にあるもので簡単に掃除する方法

この記事では、家にあるもので網戸を掃除する方法について詳しく紹介します。
「網戸の汚れが気になるけれど、どうやって掃除をしたらいいか分からない」「窓は掃除しているけれど、網戸の掃除はできていない」そんなお悩みありませんか?つい忘れがちな網戸の掃除ですが、網戸は思った以上に汚れています。特に窓が汚れている場合は、網戸にもかなりな汚れが付着している可能性が高いです。
網戸掃除と聞くと面倒な感じがしますが、家にあるものを活用するだけで、簡単に掃除することができます。2つの方法を紹介するので、ぜひ参考にして網戸掃除を試してみてください。

  • 1.網戸を掃除する手順
  • 2.身近な道具で網戸をきれいに掃除する2つの方法
  • 3.網戸を掃除する際の3つの注意
  • 4.網戸掃除は大変そうに感じるが、手順を知っていればたった10分で掃除できる

1.網戸を掃除する手順

網戸を掃除する手順

まず、網戸を掃除する手順について解説します。
網戸掃除と聞くと網戸に水をかけ、洗い流すイメージがあるかもしれません。
しかし掃除をする際にいきなり網戸を濡らしてしまうと、表面に付着した汚れが落ちにくくなってしまいます。網戸を掃除する際は、以下の手順で行うことがポイントです。

  • ■ブラシなどで表面のホコリやゴミを払い落とす
  • ■サッシ部分のゴミを取り除く
  • ■網戸を掃除する
  • ■仕上げに乾いたタオルなどで拭きとる

網戸掃除をする際は、まずブラシなどで軽いホコリやゴミを払い落とす必要があります。
いきなり水をかけるとホコリやゴミが湿って取れにくくなってしまいますので、掃除用のブラシや洗車ブラシなどでホコリを取り除くち、後の作業がやりやすくなります。
また網戸だけでなく、サッシに汚れが溜まっていることは多いです。網の部分の掃除をする前に、サッシに溜まった汚れも忘れずに取り除いておきましょう。

次に、網戸の掃除ですが、実際の掃除方法については後ほど説明します。
網戸の掃除が終わった後は、乾いたタオルやキッチンペーパーなどで乾拭きを行います。
網戸を濡れたままにしておくと、せっかく洗った網に空気中の汚れが付着しやすくなり、また網戸が汚れてしまいます。少し面倒ですが、掃除をする際は乾拭きまで忘れずに行うようにしてください。

2.身近な道具で網戸をきれいに掃除する2つの方法

身近な道具で網戸をきれいに掃除する2つの方法

次に、網戸を掃除する2つの方法について紹介します。
どれも簡単に行えるものばかりなので、ぜひ参考にして掃除をしてみてください。

メラミンスポンジを使う方法

1つ目は、メラミンスポンジを使用する方法です。
メラミンスポンジは水回りなど色々な場所の掃除に役立つお掃除グッズなので、掃除の際に使っている方も多いかもしれません。メラミンスポンジは細かな繊維が汚れを吸着するため、網戸の掃除にも役立ちます。

必要な道具は以下の通りです。

【利用する道具】

  • ■メラミンスポンジ
  • ■大きめのバケツ
  • ■タオルまたは雑巾
  • ■掃除用ブラシ

【掃除の手順】

  • ■掃除用ブラシで表面に付着した汚れを簡単に取り除く
  • ■サッシに溜まったゴミも同様に取り除く
  • ■メラミンスポンジを水に浸し、かたく絞る
  • ■バケツでメラミンスポンジを洗いながら、上から下に向かって網戸全体の掃除をする
  • ■仕上げに乾拭きをする
  • メラミンスポンジで掃除をする際のポイントは、スポンジをこまめに洗うことです。メラミンスポンジは汚れやすいので、掃除を始める前にバケツに水をくんでおき、こまめに洗いながら使用するとよいでしょう。
    また掃除をする際は、上から下の順番で作業を行います。汚れは上から流れてくるので、下からこすると、せっかく掃除をした部分が汚れてしまいます。掃除をする際は上から下へ、こまめにスポンジを洗いながら行うことがポイントです。
    終わったら忘れずに乾拭きをしましよう。

    セスキ炭酸水を使う方法

    次に紹介するのは、セスキ炭酸水を使用する方法です。
    この掃除方法はテレビでも紹介された方法で、セスキ炭酸水の作り方は水にセスキ炭酸ソーダを溶かして混ぜるだけなので、全く難しくありません。
    利用する道具は以下の通りです。

    【利用する道具】

    • ■セスキ炭酸ソーダ
    • ■空のスプレーボトル
    • ■マイクロファイバークロス
    • ■タオルまたは雑巾
    • ■掃除用ブラシ

    【掃除の手順】

    • ■空のスプレーボトルに水200mlとセスキ炭酸ソーダ小さじ1を入れ、よく振って混ぜてセスキ炭酸ソーダ水を作っておく
    • ■掃除用ブラシで表面に付着した汚れを簡単に取り除く
    • ■サッシに溜まったゴミも同様に取り除く
    • ■マイクロファイバークロスにセスキ炭酸ソーダ水をスプレーし、網戸を拭き掃除する
    • ■仕上げに乾拭きをする

    セスキ炭酸ソーダはアルカリ性の性質を持つので、油汚れなどの酸性の汚れ除去に効果を発揮します。よって台所に近い網戸や、排気ガスによる汚れが気になる場合に特におすすめです。
    またセスキ炭酸ソーダは重曹と比べると水に溶けやすいので、掃除をしようと思った際にすぐに作ることができます。余ったセスキ炭酸水は、ガスコンロや換気扇などの掃除に使用することがおすすめです。なお、セスキ炭酸ソーダやマイクロファイバークロスは100円ショップでも購入できます。

    3.網戸を掃除する際の3つの注意

    網戸を掃除する際の3つの注意

    最後に、網戸掃除をする際の注意点について説明します。掃除の際は以下の3点に注意をしましょう。

    • ■力を入れてこすらない
    • ■こびりついた汚れを無理に取らない
    • ■窓は閉め、マスクを着用して掃除する

    力を入れてこすらない

    特に注意したいポイントは、力を入れすぎないことです。
    網戸は窓と比べて、柔らかく傷つきやすいです。汚れているからとゴシゴシと擦ることで、網戸が破れてしまうこともあります。掃除をする際は力を入れすぎず、優しくこするようにしましょう。

    こびりついた汚れを無理に取らない

    また長い間網戸を掃除していない場合は、表面に汚れがこびりついていることも多いです。こびりついた汚れを無理に取ろうとすると、網戸が破れる原因となってしまいます。
    軽く掃除をしても落ちない汚れは自分で取ろうとせず、ある程度でとどめておくことがポイントです。もし汚れがひどい場合は、プロに依頼することも検討するとよいでしょう。

    窓は閉め、マスクを着用して掃除する

    網戸には空気中の汚れやホコリなどがたくさん付着しているので、窓を開けたまま掃除をすると、部屋の中に汚れが入ってしまいます。網戸の汚れを家の中に入れないためには、窓は閉めておくことがポイントです。
    また網戸の掃除をすると、網戸に付着した汚れが舞い上がります。掃除をする際は窓を閉め、マスクを着用することがおすすめです。

    網戸掃除は大変そうに感じるが、手順を知っていればたった10分で掃除できる

    網戸掃除は大変そうに感じるが、手順を知っていればたった10分で掃除できる

    この記事では、網戸掃除の方法と注意点について紹介しました。
    網戸掃除は大変そうに感じますが、手順を知っていればたった10分で済ませることもできます。

    網戸を掃除する際のポイントは、最初に掃除用ブラシなどでホコリやゴミを落とすことです。
    いきなり水拭きをするとゴミが濡れて落ちにくくなってしまうので、まずはホコリやゴミを落としてから掃除を行うと作業を進めやすくなります。

    また網戸は力を入れて擦ると破れてしまうので、掃除をする際は優しく丁寧に行うことが重要です。ここで紹介した掃除手順を参考にして、ぜひ網戸掃除を行なってみてください。

    関連記事