1. HOME
  2. ブログ
  3. い草
  4. 畳の正しい掃除・お手入れの方法を解説!

COLUMN

コラム

い草

畳の正しい掃除・お手入れの方法を解説!

畳の正しい掃除・お手入れの方法を解説!


畳はデリケートなので、一般的なフローリングと同じように掃除をすると、表面が傷んでしまうことも少なくありません。
例えば、フローリング掃除の際によく行われる水拭きや粘着テープでの掃除は、畳にはまったく適さない掃除方法です。

畳は注意点を事前に確認し、正しい方法でお手入れをすることで、より長く使用できます。
この記事では、畳の正しい掃除方法や、お手入れの際の注意点について詳しく解説します。

目次

① 畳の掃除・お手入れでやってはいけない5つのこと

畳をフローリングと同様の掃除方法でお手入れをすると、表面を傷めてしまうことがあります。
まずは、畳のお掃除やお手入れの際にやってはいけないことを5つ紹介します。

  • 1.畳の目とは反対の方へ雑巾をかける
  • 2.水分の多い布などで拭き掃除をする
  • 3.直射日光を当てすぎる
  • 4.重曹やセスキ炭酸ソーダ・カビ取り用洗剤などを使用する
  • 5.粘着テープでゴミを取り除く

1.畳の目とは反対の方へ雑巾をかける

畳を掃除する際は、雑巾や布などで乾拭きを行うことがベストとされています。
しかし乾拭きをする際に畳の目を無視して雑巾をかけてしまうと、畳の表面が傷つき、ささくれが発生してしまいます。
畳を拭く際は乾いた雑巾を用意し、畳の目に沿って拭いてください。

2.水分の多い布などで拭き掃除をする

また濡れ雑巾など、水分の多い布での拭き掃除も畳を傷める原因となります。
畳が汚れていると拭き掃除をしたくなるかもしれませんが、畳を拭き掃除すると湿気を含み、カビが発生しやすくなってしまいます。

特に新しい畳は湿気を吸収しやすく、カビが発生しやすいです。
ひどい汚れがある場合など、拭き掃除をする際は、硬く絞った雑巾で汚れをやさしく拭きとってください。

3.直射日光を当てすぎる

畳にカビが発生してしまった場合は日干しが効果的ですが、畳は長時間直射日光に当たると日焼けをしたり、傷んだりしてしまいます。
畳を外に干す際は日陰を選び、なるべく直射日光が当たらないように気をつけてください。

また日当たりがよい部屋など、常に畳に直射日光が当たってしまう場合は、薄いカーテンを引くなどして、日光が当たりすぎないようにすることがポイントです。

4.重曹やセスキ炭酸ソーダ・カビ取り用洗剤などを使用する

畳を掃除する際には、一般的な掃除用洗剤や掃除グッズは使えないことが多いです。
例えばキッチンなどの掃除に重曹を使用する人は多いですが、畳の掃除には向いていません。

畳の掃除に重曹を使用すると、重曹の性質によってい草が黒っぽく変色してしまう可能性があります。
また重曹と共に掃除に使用されやすいセスキ炭酸ソーダも、変色の恐れがあるため畳の掃除には適していません。

さらに畳にカビが発生した場合は、カビ取り用洗剤を使用したくなるかもしれませんが、カビ取り用洗剤の使用も畳を傷める原因となりますので、使用は避けてください。

5.粘着テープでゴミを取り除く

フローリングやカーペットの掃除に使われることが多い粘着テープ(コロコロ)も、畳が傷む原因となります。
畳のゴミ取りに粘着テープを使用すると、畳の表面が傷つき、毛羽立ってしまいます。

畳のゴミ取りをしたい場合は、粘着テープやガムテープは使用せず、掃除機や雑巾を使うようにしてください。

② 畳の正しいお手入れ・掃除方法

では、畳のお手入れはどのようにすればよいのでしょうか。
畳のお手入れや掃除方法は、基本的には乾いた雑巾で拭くだけです。
また雑巾がない場合は、畳専用のお掃除シートを使用することがおすすめです。
ただし掃除の際は、先述の通り畳の目に沿って拭くことがポイントです。

さらに細かなゴミを取り除くためには、掃除機をかけるとよいでしょう。
掃除機をかける際は、雑巾と同じく畳の目に沿うように動かし、フローリングを掃除するときよりもゆっくりと時間をかけて行います。
掃除機を引きずると、掃除機の重さにより畳の表面が傷んでしまうため、できるだけ引きずらず、手で持って移動させてください。

また掃除をする際は風通しをよくするため、窓を開けて作業を行ってください。
雨など天気が悪い日に窓を開けると湿気が部屋の中に入ってきてしまうので、晴れて気温の高い日に行うとよいでしょう。

ユニット畳(置き畳)のお手入れ・掃除方法

最近では、ユニット畳とよばれるフローリングの上に置くタイプの畳を使用する人も多いです。
ユニット畳の掃除方法も一般的な畳と大きな違いはなく、畳の目に沿って雑巾や掃除機をかけるだけで終了します。

またユニット畳はフローリングと畳の間にゴミやホコリが溜まりやすいので、掃除をする際には畳を動かし、床や畳の裏に付着したゴミを取り除くことが重要です。

さらに月に1回程度、硬く絞った雑巾で拭き掃除をすると汚れにくくなります。
拭き掃除をした後は部屋の風通しをよくし、畳の表面を十分に乾燥させてください。

③ 畳を長持ちさせるために気をつけたいこと

畳の寿命は一般的には10〜20年と言われていますが、上手に手入れをしたり、丁寧に扱ったりすることで、より長持ちさせることもできます。
最後に、畳を長持ちさせるために気をつけたい2つのことを紹介します。

  • 1.重いものをなるべく置かない
  • 2.風通しをよくし、湿度が高くなりすぎないようにする

1.重いものをなるべく置かない

1つ目は、畳の上に重いものをなるべく置かないことです。
畳の上に重いものを置くと、掃除がしづらくなり、カビやダニが発生する原因となります。
また畳が変形したり、表面が傷んでしまったりする可能性が高くなります。
畳の上の家具はなるべく少なくし、定期的に移動させて大掃除を行うとよいでしょう。

2.風通しをよくし、湿度が高くなりすぎないようにする

風通しをよくし、部屋の湿度が高くなりすぎないようにすることも重要です。
い草には湿気を吸収する性質があり、その性質は畳が新しいほど高くなります。
「あまり換気をしない」「日当たりが悪い」「湿度が高い」などの場合は、畳にカビが生えやすくなってしまいます。
普段は使用していない部屋でも定期的に換気を行い、湿度が高くなりすぎないように気をつけてください。

④ 畳の掃除・お手入れはポイントを抑えて、丁寧に行う

この記事では、畳の掃除・お手入れを行う方法について紹介しました。
畳はデリケートなので、フローリングやカーペットの掃除とはやや掃除方法が異なります。

畳を掃除する際はなるべく湿気を避けて、ゆっくりと畳の目に沿って雑巾や掃除機をかけることがポイントです。
また毛羽立ちや痛みを防ぐため、粘着ローラーなどの粘着性のある掃除道具の使用は控えてください。

畳はお手入れ方法によっては、より長く使用することができます。
注意点に気をつけて、畳を長く活用してみてください。

(株)イケヒコ・コーポレーション

関連記事