1. HOME
  2. ブログ
  3. すべて
  4. 簡単!日々のカーペット掃除方法

COLUMN

コラム

すべて

簡単!日々のカーペット掃除方法

コロコロ

生活を快適にしてくれるカーペットですが、その上で生活していると日々汚れてしまいます。シミのようなはっきりとした汚れがなくても、ほこりや食べカス、外から入り込んだ砂や髪の毛が奥に入り込んでしまいますし、人間の皮脂汚れもついてしまうんです。
そこで今回は自分でできるカーペットの掃除方法について解説します。

目に見えなくてもカーペットは汚れている

カーペットに食べ物や飲み物をこぼすとわかりやすいシミができてしまいますが、そうでない限りあまり汚れが気にならないかもしれません。また濃い色のカーペットだと、そもそも汚れが目立ちません。汚れが目立たないように濃い色のカーペットを選んでいる方もいるでしょう。でも日々生活しているとカーペットは自然と汚れていきます。食べかす・髪の毛・ほこり・砂・私たちの汗や皮脂などは代表的な汚れの原因です。またカーペットはダニやカビの温床にもなりやすく、放置しているとどんどん悪化します。
日頃コロコロだけを使ってカーペットの掃除をしている方もいるかもしれませんが、コロコロだけを使って掃除すると、汚れをカーペットの奥に追いやってしまうので、実はしっかり掃除できていないということもあるのです。

カーペットを掃除の基本3ステップ

ステップ 1. 掃除機をかける

カーペットについた汚れを奥に追いやらないためには掃除機で吸い取ることが大切です。でもただ掃除機をかけるだけでは、奥に入り込んだ汚れを吸い出すことができません。
掃除機をかけるときはカーペットの毛の方向の流れに逆らってかけます。寝てしまっている毛を逆立てるイメージで掃除機をかけると、奥に入り込んでいる汚れを吸い出すことができるのです。その後逆立てたけに対して直角に2方向から掃除機をかけていきます。こうすることで逆立てただけでは吸いきれなかった汚れも吸い出すことができるのです。
また掃除機のノズルの全体をカーペットにぴったりつけて、ゆっくり手前に弾きながらかけましょう。掃除機は引いた時の方が吸引力が高くなります。70cmくらいの距離を3秒くらいかけるスピードで動かすと、しっかり根元の汚れまで取れるので意識してみましょう。

ステップ 2. コロコロを使う

掃除機をかけてもカーペットの毛に絡まってしまた髪の毛などは取りきれないかもしれません。そんな時がコロコロの出番です。掃除機と同じように毛を逆立てるようにしてコロコロを動かします。その後また同じように逆立てた方向に対して直角にコロコロをかけましょう。カーペットの汚れを取るには、粘着力が高い「カーペット用」と書かれた商品を選んでください。

テップ 3. 汚れを拭き取る

カーペットは布製品なので布で拭き取っていない方も多いかもしれません。でも私たちの汗や皮脂といった汚れは、拭き取らないとそのまま残り続けてしまいます。カーペットを拭くときは重曹を使って作った重曹水がおすすめです。スプレーボトルに水100mlと重曹小さじ1を入れて、しっかり溶かします。あとは重曹水をカーペット全体に吹きかけ、雑巾で拭き取りましょう。重曹は油を溶かす効果があるので、皮脂汚れを落とすのに最適です。

重曹がない場合は衣類用の中性洗剤を使ってもOKです。ドライマークのついた衣類用の洗剤が中性洗剤です。濡らして硬く絞った雑巾に洗剤を数滴たらして馴染ませ、カーペット全体を拭きあげます。あとは洗剤のついていない濡らした雑巾でもう一度拭けば完了です。

しっかり掃除したい時のもうひと手間

毎回するのは大変ですが、カーペットをしっかり掃除したいときは、スチームクリーナーかスチームアイロンを使ってひと手間プラスすると、カーペットに住み着いたダニを死滅させることができます。
スチームクリーナーをカーペット全体にかけるか、スチームアイロンを少しカーペットから話して蒸気をあてます。全体にかけたら仕上げに掃除機をかけて、死滅させたダニの死骸を吸い取れば完了です。スチームをかけた後のカーペットは湿っているので、しっかり乾燥させればカーペットが綺麗になるだけでなく除菌までできてしまいます。

定期的に掃除をする習慣をつければカーペットは汚れにくくなる

カーペットは時々しっかり掃除をするのもいいですが、それでは1回の掃除がかなり大変になります。拭き掃除は少し大変ですが、日頃の掃除で掃除機とコロコロをの正しいかけ方、拭き取りを習慣にしておけばカーペットを長持ちさせることができるでしょう。

定期的に掃除をする習慣をつければカーペットは汚れにくくなる

カーペットが汚れてそろそろ買い替え時期だなと感じている方は、イケヒコのい草カーペットはいかがでしょうか。日本伝統のい草を使って作ったカーペットは、綿やウールなどのカーペットとはまた違った良さがあります。お部屋の雰囲気もガラッと変わりますので、ぜひ一度イケヒコのオンラインショップをチェックしてみてください。


ラグ・カーペットのお手入れ方法はこちら

関連記事