1. HOME
  2. ブログ
  3. コラム
  4. カーペットのダニはこうやって退治しよう

COLUMN

コラム

コラム

カーペットのダニはこうやって退治しよう

適に過ごすためにもお部屋のアクセントとしても欠かせないカーペットですが、何もしないでいるとダニの住処になってしまいます。目に見えないと意識しづらいですが、カーペットにダニがたくさんいると考えると鳥肌ものですよね。
そこで今回はカーペットのダニを退治する方法を解説します。ダニ対策をして快適に過ごしましょう。

カーペットはダニの温床になりやすい

ダニは温度・湿度・エサの3つの条件が揃った場所を好みます。そしてカーペットはダニが繁殖する条件にぴったり当てはまってしまいます。
ダニが活発に繁殖する温度は20~30度です。春から夏にかけてはダニが繁殖しやすい気温です。逆に秋から冬にかけて気温が下がると、ダニは動かなくなります。生みつけられた卵も孵化せずにそのまま暖かくなるのを待っている状態です。そして気温が上がってくると一気に孵化します。ただ50度の温度に20〜30分晒されると死滅し、60度以上なら一瞬で死滅します。

次に湿度ですが60〜80%湿度があると、ダニが繁殖しやすくなります。冬は湿度が低くなりがちですが、空気が乾燥していても、カーペットやソファなどの中は湿度があるため、死滅せずに繁殖してしまいます。
そして最後にエサです。ダニがエサとするのは食べかすや髪の毛、人の皮脂などです。また死んだダニの死骸やフンも元気なダニのエサとなってしまいます。
このダニが好む条件を考えると、カーペットでダニが繁殖してしまうのも納得がいくのではないでしょうか。

カーペットのダニを退治する方法

ではここからはカーペットに潜むダニを退治する方法を3つ紹介します。

アイロン

方法 1. スチームクリーナーを使う

スチームクリーナーがあるのであれば、効率的にダニを退治出来ます。製品にもよりますがスチームクリーナーは約100度の蒸気を発生させることが出来るので効果的です。
まず掃除機でカーペットの汚れを取り除きましょう。そのままスチームクリーナーをかけると、食べかすなどが溶けて、カーペットにこびりついてしまうことがあります。その後スチームクリーナーをカーペット全体にかけます。ただカーペットの中には熱に弱いものもあるので、必ず取扱表示を確認するようにしてください。

方法 2. スチームアイロンを使う

家にスチームクリーナーがなくても、スチームアイロンがあれば同じように代用できます。スチームアイロンを使う場合も、スチームクリーナーの時と同様にまずカーペット全体に掃除機をかけましょう。次にカーペットからアイロンを少し浮かせて、スチームをかけていきます。もしくは薄手のタオルを敷いて、その上からアイロンをかけても構いません。スチームアイロンを使う場合も、必ず取扱表示を確認してください。

方法 3. 燻煙殺虫剤を使う

スチームクリーナーもスチームアイロンもない場合におすすめしたいのが燻煙殺虫剤です。燻煙殺虫剤のなかには人にとっては毒ではないピレスロイド系殺虫剤というものがあります。これを使えば、カーペットの奥深くまで殺虫効果が行き渡るので、ダニを死滅させることができるのです。ただピレスロイド系殺虫剤の中でもフェノトリンは魚に有害な殺虫剤です。金魚や熱帯魚を飼っている場合は気をつけてください。

退治した後は必ず掃除機で吸引する

上記で紹介した3つの方法でダニを死滅させた後は、必ず掃除機をかけてダニの死骸を吸い取りましょう。そのままにしておくと、今度はそのダニの死骸をエサに新しくダニが繁殖してしまいます。

普段からダニ対策をしておくことが大切

普段からダニ対策をしておくことが大切

カーペットにダニを繁殖させないためには、普段からダニ対策をしておくことが大切です。気温は季節によってどうしても上がってしまうものですから、湿気対策とエサになるものがない状態を作るようにしましょう。
カーペットを敷いている部屋はこまめに換気し、乾燥している季節でも加湿器のつけすぎには気をつけます。またカーペットのある部屋では部屋干しをしないようにしてください。
ダニのエサになる食べかすや髪の毛などが落ちていない状態にするために、こまめに掃除機をかける習慣をつけましょう。コロコロでは逆に食べかす等を奥に押し込んでしまうので、必ず掃除機をかけてください。

定期的な掃除でカーペットのダニを退治

日本は湿度が高い期間が長く、どうしてもダニが繁殖しやすい条件が揃ってしまいます。目には見えなくても定期的にダニ退治をして、ダニのいない快適な住空間を作りましょう。

定期的な掃除でカーペットのダニを退治

IKEHIKOではい草を使ったカーペットラグを製造・販売しています。い草もダニは発生してしまいますが、湿気とダニのエサになるものを無くしておけば快適に過ごすことができるのでおすすめです。い草のイメージが変わるようなおしゃれなデザインのものもありますので、ぜひ一度チェックしてみてください。


ラグカーペットのお手入れ方法はこちら

関連記事