1. HOME
  2. ブログ
  3. すべて
  4. カーペットやラグの捨て方について解説

COLUMN

コラム

すべて

カーペットやラグの捨て方について解説

カーペットやラグの捨て方について解説

カーペットやラグは数年経つと買い替えが必要になりますよね。そこで問題になるのが、今まで使っていたカーペットやラグです。かなり大きなゴミになってしまいますが、カーペットやラグを捨てるときはどうすればいいのでしょうか。
今回はカーペットやラグを捨てるときの方法について解説します。

カーペットやラグは何ゴミ?

粗大ごみ

ゴミの種類によって捨てる曜日や捨て方が変わってきます。カーペットやラグはそもそも何ゴミとして出せばいいのかを知っておきましょう。

大きなカーペットは粗大ゴミ扱いになる

自治体によって異なりますが、基本的に大きなカーペットは粗大ゴミになります。大きなサイズとされるのは、1辺が30cm以上のものか、自治体で指定されているゴミ袋に入らないサイズのものです。カーペットは1辺が30cmを超えますからそのまま捨てると粗大ゴミ扱いになります。

小さなサイズなら素材によって異なる

小さなラグやキッチンマット、足拭きマットなどで自治体指定のゴミ袋に入るのであれば、可燃ゴミか不燃ゴミとして出すことができます。可燃ゴミか不燃ゴミかを判断するのは、ラグやマットの種類です。
綿・絹・い草・麻・ウールなど天然素材で作られているものは可燃ゴミになります。ただ裏に滑り止めなどがついている場合は、大半が天然素材で作られているとしても不燃ゴミ扱いなので気をつけましょう。レーヨン・アクリル・ポリエステル・ナイロンなどの合成繊維で作られたラグやマットは全て不燃ゴミです。

必ず住んでいる地域のルールを確認しよう

上記でカーペットやラグの分別方法を解説しましたが、ゴミの分別は自治体によって細かくルールが異なります。捨てる前に必ず自治体のルールを確認するようにしてください。

大きなカーペットを可燃ゴミや不燃ゴミとして出す方法

粗大ごみ

大きなカーペットは基本的に粗大ゴミになりますが、粗大ゴミは処分料がかかってしまいますよね。でも大きなカーペットを可燃ゴミや不燃ゴミとして出す方法があります。それはカーペットを小さくカットする方法です。カットして自治体指定のゴミ袋に入るサイズにするか、一辺が30cm以下になるようにすれば、可燃ゴミか不燃ゴミ扱いにできます。

カットするときは、軍手と布バサミを用意しましょう。だいたいのサイズで構いませんので、ゴミ袋に入るサイズか、一辺が30cm以下の正方形にしていきます。正方形に切った場合は紐で縛って、そのままゴミに出してOKです。

ただカーペットやラグの種類によっては、かなり厚みがあるものもあります。厚みがあるものは布バサミであってもカットするのはかなり大変なので、大きなカッターかノコギリを用意しましょう。どの道具を使ってカットする場合も、必ず軍手をして怪我をしないように気をつけてください。

お得にカーペットやラグを処分する方法

使わなくなったカーペットやラグでもお得に処分する方法が2つあります。

お得に処分する方法 1. リサイクルショップに持ち込む

いらなくなったカーペットやラグをお得に処分するなら、リサイクルショップに買い取ってもらうのが一番お得です。買い取って貰えばゴミとして処分するはずだったカーペットやラグがお金になります。微々たる額かもしれませんが、お金を払うよりはいいですよね。
ただ状態や悪いカーペットやラグは買い取ってもらえないことがあります。ラグやマットくらいのサイズであれば持ち込むのは大変ではありませんが、大きなカーペットを持ち込んで買い取ってもらえなければかなり手間です。まずは電話で相談するか、ネットを使って買取査定をお願いしましょう。一部のリサイクルショップは出張買取もしています。

お得に処分する方法 2. カーペット購入時に引き取ってもらう

新しいカーペットを購入するなら、引き取りサービスがないかチェックしましょう。一部の販売店では、カーペット購入時に古くなったカーペットを引き取ってくれます。無料の場合と回収料金がかかる場合があるので、事前にチェックしておくと安心です。引き取りが可能な場合は、購入時にお願いしておきましょう。

カーペットやラグを捨てるときは必ず自治体のルールを確認

カーペットやラグを捨てる方法を解説しましたが、記事中でも触れたようにゴミの分別は自治体ごとにルールが異なります。必ず捨てる前にルールを確認するようにしてください。またご自身でカットする場合は、必ず怪我をしないように気をつけましょう。

新しくカーペットやラグを買って気分を一新したいなら、イケヒコのい草カーペットやラグはいかがでしょうか。イケヒコではい草をおしゃれにアレンジしたカーペットやラグの製造・販売を行なっています。和を感じさせるものから洋風なデザインまで種類が豊富なので、購入を検討している方はぜひ一度オンラインショップを覗いてみてください。


ラグカーペット通販はこちら

関連記事