1. HOME
  2. ブログ
  3. こたつ
  4. こたつの電気代は節約すると安くなる

COLUMN

コラム

こたつ

こたつの電気代は節約すると安くなる

こたつの電気代は節約すると安くなる

寒い冬はストーブやエアコンの暖房機能もいいですが、芯から温まれるこたつも外せませんよね。ポカポカと身体が温まって気持ちがいいので「こたつから出たくなくなる!」という人も多いはずです。
ところでこたつの電気代ってどれくらいかかるかご存知でしょうか。そもそもこたつって他の暖房機器のように電気代を節約できるのかも気になるところですよね。そこで今回はこたつの電気代や上手に節約する方法を解説します。

こたつの電気代ってだいたいどれくらい?

節約

じんわり身体を温めてくれるこたつ。愛用している人でも、こたつを使うとどれくらい電気がかかるのか知らないという方も多いのではないでしょうか。

こたつの電気代はサイズにもよりますが、1時間当たりたったの2〜5円程度です。5円かかるサイズは4人以上で使える大きなサイズなので、4〜5人くらいの家族でこたつを使っても、電気代がそれ以上高くなるということはありません。

販売されているこたつのスペックを見ると、消費電力が500~600Wとなっているものが多いのですが、500~600W消費するのはこたつが温まるまでです。こたつはこたつ布団をかけていることで保温性が高いため、一度温度が上がると弱で100W、強でも200〜300W程度しか電力を消費しません。

電気代はエリアによっても異なりますが、1kWh25円として計算すると、100Wで2.5円、200Wで5円ということになります。

他の暖房機器と比べてこたつの電気代は安い?

1時間で2〜5円と言われても、それが他の暖房機器と比べて安いのかちょっとわかりませんよね。他の暖房機器と比べてみましょう。

エアコンの電気代は設定温度や性能によって幅が大きいのですが、8畳用のエアコンを1時間使うと約2〜39円かかります。年式が古ければ古いほど電気代が高くなると考えてください。またこたつと同じように芯から温まるハロゲンヒーターは1時間使うと約18円、ホットカーペットは2畳タイプで約6〜9円です。これらの暖房機器と比べると、圧倒的にこたつの電気代が安いことがわかります。

こたつの電気代を節約する方法

もともと電気代が安いこたつですが、もっと電気代を安くするための節約方法を紹介します。

節約

節約方法 1. こたつ敷布団かカーペットを敷く

こたつ敷布団かカーペットを敷く

こたつの下にこたつ敷布団かカーペットを敷くと、もともと高いこたつの保温性がさらに高くなるため、消費電力を抑えられます。真冬はさすがに電源をつけなければ寒いですが、少し暖かくなってきた時期に敷布団かカーペットを敷いておけば、電源を入れなくても暖かく過ごすことができるでしょう。

節約方法 2. こたつ敷布団の下にさらに断熱シートを敷く

さらに保温性を高めるためには、こたつ敷布団の下に断熱シートを敷くのがおすすめです。断熱シートはアルミ製のものが特に保温性を高めてくれます。しっかり電気代を節約したいなら、断熱シートも取り入れましょう。

節約方法 3. こたつテーブルのサイズ+110㎝以上の掛け布団を使う

こたつテーブルのサイズ+110㎝以上の掛け布団を使う

こたつ掛け布団はこたつには欠かせないアイテムですが、その大きさも電気代節約のポイントです。こたつ掛け布団が大きいとこたつと床の間に空気の通り道ができないため、それだけ保温性が高くなります。またこたつ掛け布団の厚さも重要です。薄い布団よりは暑い布団の方が空気を逃しません。こたつテーブルの脚が長い場合は、+110cmよりも大きな掛け布団を選びましょう。

節約方法 4. ヒーターの設定は弱にする

ヒーターの設定は弱にする

こたつのヒーターは弱・中・強という設定があります。弱にして1時間使った場合の電気代は1時間で約2~3円、強の場合で約5~6円です。電気代を極力節約したいのであれば、弱設定にするのが大きな節約になります。こたつ敷布団や断熱シート、こたつ掛け布団で工夫すれば弱でもしっかり温まります。

節約方法 5. フラットヒーター式のこたつテーブルに変える

最近のこたつはフラットヒーター式が多く、人気も高いです。ハロゲンや昔ながらの石英管と比べると消費電力も低く、熱すぎず程よく身体が温まります。温まるまでは時間がかかるのですが、一旦温まれば他のタイプと同じくらい暖かいです。つけてすぐ温まるタイプがいいという方には向いていませんが、気にならないのであればフラットヒーターにすれば電気代が抑えられるでしょう。

工夫次第でこたつの電気代はもっと安くなる

こたつの電気代は他の暖房機器と比べてもかなり安いです。ただ工夫すれば今よりもっと電気代を抑えることができます。今回紹介した節約方法を参考にして、こたつの電気代の節約にチャレンジしてみましょう。電気代を抑えながらも、暖かく快適な冬が過ごせますよ。またエアコンやハロゲンヒーターなど他の暖房機器とうまく組み合わせて使うことで、電気代を抑えながらこたつから出ても快適に過ごせるでしょう。


こたつ購入はこちら

関連記事