1. HOME
  2. ブログ
  3. い草
  4. みて、ふれて、かんじる 畳での子育て

COLUMN

コラム

い草

みて、ふれて、かんじる 畳での子育て

みて、ふれて、かんじる 畳での子育て

先日5月5日は「こどもの日」でしたね。
本日5月9日は「母の日」ですが、「こどもの日」には「母に感謝する」という想いも実は込められています。

今回は、そんな「こどもの日」「母の日」にちなんで、「イケヒコ・コラム特別編」として「こどもの成長を見て感じたこと」をお送りします。

可愛い甥っ子

筆者には、最近歩き始めたばかりの1歳になる甥がいます。
お喋りはまだ出来ないですが、必死に声を出しながら何かを伝えようとする姿はとっても愛おしいです。
元気に走り回って「パパー!ママー!」と元気な声を出すこどもの姿を見ていると、「ようちゃん(甥の呼び名)もあんな風になるんだなぁ」と感慨深い気持ちになります。

こどもの成長に「なるほどなぁ」

とにかく可愛い盛りの愛しの甥っ子ちゃんですが、ハイハイをする姿や、つかまり立ちをする姿を見ていると、「なるほど、こうやって歩くようになっていくのか」と、動きの一つ一つから、こどもの成長を見て取ることが出来てとても興味深い。
特に最近「なるほどなぁ」と思ったのが、積み木で遊んでいる姿を見たときのこと。

こどもの「学び」

誕生日プレゼントに積み木をプレゼントした叔父の私。
「どんな風にして遊んでくれるかな?」と渡す前からドキドキワクワクしていましたが、いざ渡すと、積み木を自らどんどん積み上げていくではありませんか!これにはお父ちゃんも「最近までできんかったのにすごい!」とビックリ。
他にも、積み木を舐めてみたり、積み木同士を叩いて音を鳴らしてみたり、積み上げた積み木を破壊してみたりと好奇心旺盛!
こどもなりに考えて、色々な遊びを実践していました。

「みて」「ふれて」「かんじる」。
この1連の動きが、こどもの「学び」であり、今後の学習活動の大きな礎となるんだなと感じた瞬間でもありました。

畳の上での子育て

畳の上での子育てのメリットは、イケヒコが取り組む「畳育」でも語っている事ですが、畳の上で遊ばせてみるのも立派な「学び」となるのではないでしょうか?畳に触れて、自然の香りや優しさ、連綿と続く日本の文化を感じる、そのことこそ。

こどもにとって良いことは、ママにとっても良いこと

「こどもにとって良いことはママにとって良いこと」は畳育のコンセプト。
子育てに畳を取り入れてみるのもよし。お母さんに、子供に、い草製品をプレゼントしてみるのもよし。
それぞれの思いと感謝を、い草に込めてみるのも、いいかもしれませんね。

(株)イケヒコ・コーポレーション

関連記事