1. HOME
  2. ブログ
  3. い草
  4. 繋がるものづくり-ヨガインストラクター 橋口ひとみ先生が語る自然と繋がる生き方(前編)-

COLUMN

コラム

い草

繋がるものづくり-ヨガインストラクター 橋口ひとみ先生が語る自然と繋がる生き方(前編)-

シリーズ「繋がるものづくり」では、イケヒコ商品に携わる全ての方々(生産者・加工先・開発者・お客様)の生の声を取り上げることで、イケヒコとお客様を繋げていく事を目的としています。

繋がるものづくり-ヨガインストラクター 橋口ひとみ先生が語る、畳ヨガの魅力 (前編)

繋がるものづくり-ヨガインストラクター 橋口ひとみ先生が語る、畳ヨガの魅力 (前編)

[ヨガインストラクター]

橋口 ひとみ

Hitomi Hashiguchi

佐賀県嬉野市出身。

2011年、会社員の頃にヨガと出会う。

2015年にヨガの魅力を様々な人に伝えたいと言う想いから、ヨガインストラクターの資格を取得。

ヨガスタジオ、企業、カフェ、インターネットなど、様々な形でヨガの魅力を伝えている。

イケヒコ・コーポレーションでは、毎週木曜日に畳ヨガを使った畳ヨガ教室を開催中。イケヒコ公式YouTubeチャンネル「IKEHIKO TV」でもヨガを配信中。

Interview

畳ヨガを愛用してくださっているひとみ先生に、畳ヨガの魅力や、ヨガを始められたきっかけを語っていただきました。


心と体が整う感覚

繋がるものづくり-ヨガインストラクター 橋口ひとみ先生が語る、畳ヨガの魅力 (前編)初めてのヨガで、心と体が整う感覚に衝撃を覚えたと言う。

―ひとみ先生には、イケヒコ・コーポレーションのヨガ教室でいつもお世話になっておりますが、普段はどのような活動をされていらっしゃいますか?

普段は色々な企業様でヨガ教室を開き、体のメンテナンスや自分でできるストレスマネジメントの方法を、ヨガを通してお伝えしています。

あとは、YouTube、Instagram、Zoomなどを通じてオンラインでヨガを行なったり、カフェのスペースを借りてヨガを行なったりなど、様々な形でヨガの魅力を伝えています。

―ヨガを始められたのはどのようなきっかけがあったのでしょうか?

10年前-会社員だったのですが-心と体のバランスを崩してしまったんですね。

元々風邪を引きやすいと言うのもあって、ちょっと体を整えたいなと言う気持ちでヨガ教室に申し込んだのがヨガを始めるきっかけでした。

―そうだったのですね。元々、ヨガに興味はお持ちだったのでしょうか?

そうです。「どんな感じなんだろう?」と興味はありました。

ただ、ヨガを始めるのって、すごくハードルが高いイメージがあったんです。

―難しそうって思ってしまいますよね。

そうなんです笑

私も最初は、「難しそうだな」、「身体硬いけど大丈夫かな?」と、皆さんが思うような事を思っていました。

でも、「心配性の癖を治したい」、「自分の為に、試しになんでもやってみよう」と勇気を出して、ヨガ教室に申し込みました。

―それが初めてのヨガ体験だったのですね。

はい。初めてヨガを体験した時の感動は、今でも鮮明に覚えています。

心と体が整う感覚、それと同時に”呼吸”がどれほど大切なのかを知って、すごく衝撃を受けました。

ヨガを深めたい、ヨガを伝えたい

繋がるものづくり-ヨガインストラクター 橋口ひとみ先生が語る、畳ヨガの魅力 (前編)イケヒコ・コーポレーションでは、毎週木曜日にヨガ教室を開催している。

―そこからヨガインストラクター、ヨガのプロとしての道を選ばれたのはどのような経緯があったのでしょうか?

最初は、「ヨガを誰かに教えたい」と言うよりも、「ヨガをもっと深めたい」と言う思いが強かったです。

「ヨガって何でこんなに心が落ち着くんだろう?」と思って、ネットで検索したりもして。

そこで、自分がヨガを教わっていた先生に、どのようにヨガを学んだのかを教えて頂いて、ヨガインストラクターの養成学校を紹介して頂き、そこに通うことにしました。

―初めはご自身の為に、「学んでみよう」と思われていたのですね。

そうです。ただ、学校で教わった事は実践していかないと忘れてしまいます。

周りの友人などにヨガを教える練習をさせてもらって、フィードバックをレポートにまとめたりしなくてはいけなかったのですが、ヨガを受けてくれた人たちの感想や表情を聞いたり見たりしていく内に、「ヨガってこんなに素晴らしいものなんだ」と、教える事を通じて初めて実感する事もあったんです。

そこから、最初はレポートを書くために行っていた事が、「この素晴らしさをもっともっと人に伝えていきたい」という思いに変わっていき、インストラクターとしての勉強を始めました。

―最初は自分ために「ヨガを深めたい」と思っていたことが、様々な人に「ヨガを伝えたい」という想いに変わっていったのですね。

そうです。

私自身、ヨガを通じてすごく元気になれたから、「元気に社会で仕事をして、楽しく生きていける人を増やしていきたい」と言う想いでヨガを伝えていきたいですし、その想いは今でも変わらないです。

畳ヨガにヨガの練習を手伝ってもらっている感覚

繋がるものづくり-ヨガインストラクター 橋口ひとみ先生が語る、畳ヨガの魅力 (前編)畳ヨガ開発当初からの愛用者である。

―ひとみ先生が畳ヨガをお使いになられたきっかけを教えてください。

イケヒコ・コーポレーションさんが開催されているい草のワークショップで、畳ヨガに触れたのがきっかけです。

手触りや香りなど、五感をくすぐられる畳ヨガの魅力に触れて、一気にファンになり、愛用するようになりました。

―ひとみ先生が考える、畳ヨガの魅力はどんな所でしょうか?

ゴム製などのヨガマットとは違って、畳の手触りやい草の香りを通じて、天候や状況に左右されず、室内でも自然を感じられることができるのが1番の魅力ですね。

―周りの方に勧めるとしたら、どんな所をお勧めされますか?

練習しやすい環境がいつもそこにある所です。ヨガの実践は、まずヨガマットを敷くことからスタートします。

畳ヨガなら、インテリアとして敷いたままでもデザインや色などを楽しむことができるので、自然と寝転びたくなり、香りがいいので深呼吸をしたくなります。

そのまま「体を動かしてみようかな」という気持ちにさせてもらえるので、自然とヨガの実践につながります。

畳ヨガにヨガの練習を手伝ってもらっている感覚です笑

―ひとみ先生が考えるヨガの魅力を教えてください。

沢山あるのですが、まず心が整うことです。

マインドが整うと良いイメージが湧きやすくなり、自然と周囲にも思いやりが持ててあらゆる関係性が良くなります。

次に、体が整うことです。

ヨガは呼吸を意識的に自分でコントロールする事で、体を観察して無理なく動かして、筋骨格を整える事ができます。

呼吸を意識する事って日常生活でそこまでないと思うのですが、呼吸を意識する事で心が落ち着き、自身の体のパフォーマンスが向上して、色々な意欲が湧きやすくなるのがヨガの魅力だと思います。

―ありがとうございます。ここからは、ヨガを始めたの事で変化したひとみ先生のライフスタイルについて伺っていきます。

7月7日(水)公開


収録日:2021年6月21日
収録場所:福岡県三潴郡大木町
インタビュー・撮影:伊東朋宏
企画:株式会社イケヒコ・コーポレーション


畳ヨガについてはこちら

繋がるものづくり-ヨガインストラクター 橋口ひとみ先生が語る、畳ヨガの魅力 (前編)

畳ヨガ

ジョイ/SAKURA富士/アース/プラウド/ラティス
  • 60×180cm
繋がるものづくり-ヨガインストラクター 橋口ひとみ先生が語る、畳ヨガの魅力 (前編)

畳ヨガ ECO SERIES

プレーン/SKY SEA/BOTANIC
  • 66×185cm

ひとみ先生のヨガ動画はこちら

繋がるものづくり-ヨガインストラクター 橋口ひとみ先生が語る、畳ヨガの魅力 (前編)

株式会社イケヒコ・コーポレーション

関連記事