1. HOME
  2. お手入れ
  3. 畳・い草の基本
  4. 上敷の敷き方

MAINTENANCE

お手入れ

畳・い草の基本

上敷の敷き方

今回は畳の部屋で使える、上敷きの綺麗な敷き方について解説します。
上敷きを綺麗にしくためのポイントは“9つ”です。

上敷きの敷き方、9つのポイント

こちらの記事は動画でもご覧いただけます。

それでは、上敷きの敷き方、9つのポイントを解説します。

Point① 使用する鋲の本数

鋲の本数は上敷の大きさに応じて、コチラを目安にしてください。

Point② 上敷きの表裏の見分け方。

上敷の表裏を間違えないようにご注意ください。
縁の折り返しや、縁同士の縫い目が見えるところが裏になります。

Point③ 上敷きは和室の中央に。

和室の中央に上敷を敷きます。正方形(4畳半、8畳)の場合、床の間から見て縦方向に敷いてください。

Point④ 敷いたら、中央を鋲で仮止め。

敷いたら、中央を鋲で仮止めしてください。
鋲は、縁の上にまっすぐ垂直に打ち込みましょう。

Point⑤ しわを伸ばして、下側を仮止め。

次に、下側に向かってしわを伸ばしてください。
しわを伸ばしたら、下側を仮止めしてください。

※しわを伸ばす時の注意。

畳縁を強く引っ張ると、上敷が破れる原因になりますのでお止めください。
縦と横の縁が重なる部分を持って優しく伸ばしましょう。

Point⑥ 上側のしわを伸ばして、上側を本止め。

続いて上側のしわを伸ばして、上側を本止めしましょう。

Point⑦ 下側の仮止めを外し、下側を本止め。

次に、下側の仮止めを外し、本止めして下さい。

Point⑧ 中央の仮止めを外し、両側を本止めしたら完成。

最後に中央の仮止めを外し、両側を本止めしたら完成です。

Point⑨ 上敷きがはみ出す場合。

上敷がはみ出す場合は、端を折り曲げてから鋲で止めましょう。


上敷きの敷き方はこれで以上です!
い草商品は大事にお手入れしてもらえれば末永くお使い頂けます。
大切に使って、ENJOYい草ライフ♪

お手入れ